2013年2月28日木曜日

必ず春は来る



築120年の町家に大きくの一文字


"古き良き"が建ち並ぶ町ならまち。


そこに佇む一軒のお店、


洋食 春。


オーナーの中林さんと知り合ったのは一冊の雑誌がきっかけでした。





「なんて凄い人だろう」


22歳の時、手に受けた傷がもとで治療法の見つかっていない大病を患ってしまう。


料理人としての復帰を目指し治療を続けていたが、


無情にも左腕切断。


海外の医療現場においては、この病を発症した人の社会復帰はほぼ


不可能だったそうです。


—料理人—


親しい友人ですらその復帰を絶望視していました。



しかし、そんな困難な状況の中で、


必ず春は来る


二人三脚で歩んだ医師の言葉を胸に


中林さんは一つの夢に向かって不屈の前進を始めました。




ここでは書ききることのできない、


あらゆるマイナス要素を踏み越え


2011年10月、念願の洋食店をならまちにオープン。


平坦ではなかったであろう道程。



先日お店にお邪魔した折、


「あらゆる事に感謝できるようになりました。」


破顔一笑語っておられました。





優しい笑顔に深いまなざし。


自身に打ち勝ち、挑戦という姿勢を崩さない、


鍛え抜かれた生命の力を深く深く感じました。








そんな中林さん、


今年、新たな事に挑戦する予定。


一体その挑戦とは。


またここで報告させていただきます。




奈良にお越しになりましたら、


洋食 春


是非行ってみてください。


もちろん、・・・美味しいです!




洋食 春
tel 0742-24-5187
水曜定休日(祝営業)
営業時間 11:30~21:00




そしてこちらは

なんだか元気になる中林さんのブログです。









2013年2月25日月曜日

打つ景色

当たり前のことですが

舞台には見る側と見せる側があります。

それゆえ、使う楽器にも

表と裏という一つの決まり事ができます。


長年この世界にいるので

今では当たり前になってしまった

裏のアングル。



この打つ景色は、

私たち太鼓奏者に

喜び、闘争心、プレッシャー、充実感、感謝等

様々な感情を沸き立たせます。



いつまで見れるか解らないこの景色

故に、一瞬一瞬を悔いなく

力を込めて打てるように。

心を込めて打てるように。





2013年2月23日土曜日

地味で地道な近道



一人、


稽古場で繰り返し打ち込んでいました。


幾度となく演奏した曲ですが、


ひとたび終えるとまた繰り返す。



卓越した技術が、必ずしも人の心を打つわけではない。



この終わり無き地道な修練が、


心打つ、何かを創り上げるに違いない。



2013年2月22日金曜日

自分のブログ

いまさらですが個人ブログをはじめました。


あすか組のメンバーブログが無いという声を以前から頂いていたので


作らねば作らねばと思い幾星霜。


めんどくさかったので、


とりあえずFacebookでごまかしてましたが、


もっとメンバーのことを紹介しよう、出会った大事な人々を応援しよう、


更には今まで撮りためた写真をぶちまけようと、


始めることにしました。



ブログ初心者ですが、どうぞ宜しくお願い致します。


今日の作品モデルはあすか組メンバー陶山寛太氏にお願いしました。